Dynamics365 for Financials のFreeTrialを申し込む。


Webメールに仮想サーバー、と世の中は色んなものがクラウド化、サービス化していく時代です。企業向けERPシステムについても例外でなく、MicrosoftのERPであるDynamicsについても同様で、従来のオンプレ版ERPであるDynamics NAVをクラウドサービス化した「Dynamics365 for Financials」が登場しています。

まだ、USとCanada、あとGBでしかサービス展開されていませんが、今回はUSのサービスの1ヶ月フリートライアルに申し込んでみます。

NAVについてはDynamics NAV Wikiを参照

必要なもの:USにあるサーバー、USの組織アカウント

USにサーバーを立てる方法はこちらの記事参照

USの組織アカウント取得方法はこちらの記事参照

 

Office365にサインインします。   

Dynamics365のタイルを選択します。

現状では何もアプリが登録されていない、と言われます。赤枠のリンクをクリック。

Dynamics365の製品紹介画面に飛びます。

Solutions > Finance and Operations > Business editions を選びます。実は「Dynamics365 for Financials」は最近正式名称が変わり「Dynamics365 Finance and Operations, Business editions」に代わりました。ただ、各種文献は「Dynamics365 for Financials」のままのものが多いので、今回は「Dynamics365 for Financials」で説明します。

「Dynamics365 for Financials」改め「Dynamics365 Finance and Operations, Business editions」の製品紹介ページが表示されました。下の方にスクロールすると、、

Get Startedのボタンが表示されるので押します。

Dynamics365の各種モジュールが表示されます。今回はFinance and Operations, Business editionsを選択し、e-mailとPhoneNumberを入力してGet Startedボタンを押します。(USのPhoneNumberの取得方法はこちらの記事参照)

上記のe-mailアカウントでo365アカウント等、Microsoft系のアカウントを指定していると各種設定が省略され、以下の画面が表示されます。

改めてサインインしなおします。

利用規約に同意してStartボタンを押します。

もう少しでできるので少し待て、、と。

もう一息!

もう少し待ちます。

登録できました。

NAV2017とほぼ同様の画面が表示されました。FreeTrialのアカウント作成完了です!

補足:個人のメールアドレスでは登録できません。US,Canada,GB以外のアドレスもNGです。o365だと両方満たせます。

 

以上

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です