D365 Financial でMS-Flowを使って承認(2)


前回の記事ではDynamics365 の品目カード画面からMS-Flowを作ろとして上手く行きませんでした。今回は真面目に(?)MS-Flowの画面から作成してみます。

 

必要なもの:Dynamics365 for Finance and Operations, Business edition(長いので以下D365 Financial)のフリートライアル環境、Office365のアカウント(FreeTrial可)

D365の入手方法はこちらの記事を参照。Office365の入手方法はこちらの記事を参照

まずはOffice365にサインインします。なお、MS-Flowの管理用にユーザーを新規登録しておきました。(名前はMS-Flow Adminとしましたが、別になんでも良いです。)

タイルからFlowを選択。 

MS-Flowの説明画面です。

ここで1点注意ですが、右上のアイコンをクリックして現在サインインしているアカウントを確認しましょう。過去にサインインしたことがある場合などに別のアカウントになっていることがあります。(というかありました。)別のアカウントになっている場合はいったんサインアウトして目的のアカウントでサインインし直します。今回はMS-Flow用の専用アカウント’flowadmin@xxxx.onmicrosoft.com’でサインインしておきます。

下の方にスクロールして能書きを読みます。テンプレートが色々あるアピールです。D365のアイコンも見えます。(ただし、今回使うD365 for Financials用ではありませんので注意。)

更に下にスクロール。Twitterで特定の条件を満たすTweetを検知して100人以上のフォロワーがいるアカウントだったらD365(の for Sales?)のマスタを自動作成して、、みたいな例が書いてあります。

更にスクロール。色々テンプレートあるよ、アピール。

更にスクロール。能書きが続きます。

一番下まで到達。モバイル機器でフロー管理できるとか。承認処理する際にいちいちPC開かなくても、自分のスマホ/タブレットでできますよ、ということでしょう。

さて、本題に戻ります。一番上の画面で「マイフロー」をクリック。

初回のみ表示される画面です。デフォルトの国名は日本ですが、、

Dynamics 365 for Financialsのサービスは2018年1月現在、北米&英国のみなので念のため米国にしておきます。開始ボタンをおします。

初期設定処理を待ちます。余談ですが「開始する 5D:をクリックすると、、」の5Dが謎ですw

初期処理が終わりました。テンプレートをクリック。

全てのテンプレートが表示されます。当然ながらDynamics365に関係ないものが沢山あるので絞ります。

’Dynamics 365 Financial’で検索すると以下の13件ヒットします。
① Sales Order(受注)の承認依頼
② Sales Quote(販売見積)の承認依頼
③ Sales Invoice(売上請求)の承認依頼
④ Purchase Order(発注)の承認依頼
⑤ Purchase Invoice(仕入請求)の承認依頼
⑥ General Journal Batch(一般仕訳帳バッチ)の承認依頼
⑦ Item(品目マスタ)の承認依頼
⑧ General Journal Line(一般仕訳帳明細)の承認依頼
⑨ 在庫減少の警告の承認依頼(なぜかこれだけ日本語)
⑩ Purchase Credit Memo(仕入請求のクレジットメモ)の承認依頼
⑪ Sales Credit Memo(売上請求のクレジットメモ)の承認依頼
⑫ Customer(得意先マスタ)の承認依頼
⑬ Vendor(仕入先マスタ)の承認依頼

今回は⑦ Item(品目マスタ)の承認依頼を使います。該当のタイルをクリック。

テンプレートの説明画面です。
「品目が作成された時に承認依頼が送信されます。承認されたら品目を発注伝票などで指定して転記できるようになる」といったことが書かれています。続行を押します。

フローの構成画面です。取りあえず「フローの作成」を押してみますw

「Company が未設定」というエラーが表示されました。Dynamics365から作った時と同じ内容のエラーですね。

エラーを解消すべくカンパニーを指定して再度「フローの作成」をクリックすると次のエラーが表示される。(以下、これの繰り返し)

2つ目のワークフローステップについても会社を指定。3つ目のステップでメールアドレスが必要。ここもDynamics365から作成したときと同じ。

承認用のユーザーとして作っておいた’Approver@xxxx.onmicrosoft.com’を指定。(アカウントが’Approverである必要はないです。Approver01とかにすれば良かったですね。。分かりにくくてすみません。)

承認用のユーザーが設定されました。承認用に作成したユーザーの名前を’承認者’にしてしまったのでわかりにくいですが、単にユーザの名称がでているだけです。

承認された時の分岐先のステップでもCompanyエラーが出るのでカンパニーを指定。

承認が却下された場合のステップでもCompany指定エラーが出るので、、

Companyを指定。フローの作成をクリック。

ようやくエラーが解消しました。「完了」ボタンをクリック。(ここでも謎の「5D」が登場w)

フローの作成は完了したようです。かつ現在有効になっています。

長くなったので、いったんココで切ります。

テンプレートからフローを作成するところで出たエラーはDynamics365から作る場合と同様ですが、無事にエラーなしで作成完了まで辿りつけました。

結論としてはDynamics365 for Financialsの画面から作るのではなく、MS-Flowの画面から作った方がよさそう、ということです。(まだ動かしていないので断言はできませんが。)

次回は実際にDynamics365 for Financialsの品目カード画面から承認依頼して今回作ったFlowを呼び出してみます。

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です