D365BC 2019Wave2 変更点1:Sandbox で Edit in Excel


Dynamics 365 は年に2回、春と秋に大型アップデートが行われます。Business Central についても例外ではなく、10月に入って大型アップデートがリリースされました。既存の環境はすぐにはアップデートされないのですが、新規で環境を作ると秋の大型アップデート済バージョン(2019 Release Wave 2)で作成されます。結構いろいろとアップデートされていますので、役に立ちそうな改善機能を順にみていきたいと思います。

今回は「Edit in Excel が Sandbox 環境でも使えるようになった」です。Edit in Excel は非常に便利な機能ですが、従来はProduction環境でしか利用できませんでした。

まずはBCのSandboxにサインイン。

メニュー検索から適当な一覧画面を検索。今回は Payment Methods にしますが、他の一覧でも一緒です。

Page > Edit in Excel を選択。

一覧がExcelでダウンロードされます。

Excelを開き、編集を有効にするを選択。

適宜、サインインすると一覧が表示されます。

最後の行に適当にコードとテキストを追加し、「公開」を選択。

データの公開成功、とのメッセージが表示されました。

BCに戻ってF5で画面を更新すると、追加されています。成功です。

これがあるとデータ投入が捗りますね。

認証系の詳細手順はD365BCのデータをExcelから更新する(1)と、D365BCのデータをExcelから更新する(2)をご参照ください。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です