NAV2018用のSQLサーバーをAzure上に立てる


いよいよDynamics NAV 2018 のリリースまで24時間を切りましたので、いつでもインストールできるようにサーバーを立てておきます。

オンプレでイチから作っても良いのですが、クラウドのありがたみを実感するためにもAzure上でSQLサーバーを立てる事にします。

AzurePortalで左サイドのメニューからVirtual Machineを選択して追加をクリック。

「SQL」で検索すると色々出てきます。SQL Server2016 入りの Windows Server 2016 を選びます。

デプロイモデルにはリソースマネージャーを指定して「作成」

パラメータの指定画面が出てくるので、

適宜入力。

CPUとメモリを選択。7Gあれば多分大丈夫。フル稼働だと16771円/月かかってしまうのでこまめに落としましょう。。

ディスクはHDDを指定。

取りあえず標準パラメータのまま。

最終確認して「作成」。

デプロイ中です。

10分くらい待つと完了します。

これでいつでもインストールできます。

念のため、自動シャットダウンも設定しておきましょう。

仮想マシンの自動シャットダウンのブレードを選択して

デフォルトはオフなので、、

オンに変更してシャットダウン時刻を指定。

 

まあ、でも基本は手動でちゃんと落としましょう。

NAV2018のリリースが待ちどおしいですね!

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です